どうやらガラスヤHPの管理人のようででございます。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年09月05日 (水) | 編集 |
先月動画2本UPしました。
「深海のそら」「黄金前夜」です。←文字にリンク付けてます。
今回はちょっとしたあとがきなどを書いてみようかなと思います。

【深海のそら】
黄金前夜のアルバムの中から2曲という事で、
「Rosy River」みたいな感じで統一しようかなと思っていました。
とはいえ、この曲に関しては僕の中では結構絵は描けていて、
違うバージョンで結構時間も頂きました。

スピード感のある曲なので、要所要所に絵が切り替わる感じは意識しました。
詩の一区切りで字の配置を色々いじってみて、
そこから2~3ぐらい分割して逆算してパッパッと出てくる感じにして…
といっても言葉では中々伝わらないけど(笑)。

なんというか字の配置は単に横書き縦書きではなく斜めになったりと、
言葉のイメージに合わせて自由奔放にやらせて頂きました。
メロディのイメージも含めて色々考えましたね。
一番気に入っている字のレイアウトは、
「 わ か ら な く なっ た ら 」ですね。

曲の前半で字の配置のアイデアを振り絞っただけに、
結構アイデアに悩んだ曲の後半の時間帯ですね。そんな中で、
これは本当に「わからなくなった」という言葉を配置で表現できたなと。
自分の編集時の心境と重なった感じもしましたよ(笑)。

「波紋」の表現も頑張った所でしたね。
まず曲を聴いて「ちゃぷんて踏んだ」という所で波紋を出したい。
そこからこの動画の案が次々と膨らみました。
この動画の原点みたいなものです。

間奏の部分だったり、目に色が付く所だったりというアイデアは、
この波紋の表現から派生していった感じでしたね。
まさに波紋のように。
これがなければ、もうちょい簡素な動画になったかも。


【黄金前夜】
これは「Rosy River」の発展形というか、
字幕編集を動画の中で作ったシンプルなものです。
縦書きで統一しました。

「深海のそら」も同様、ガラスヤの曲は明朝体が良く似合う。

細かい表現としては字がパッと切り替わる所と、
スッと切り替わる所があるぐらいですね。
そのチョ…っとした違いでも言葉の強さや優しさは出るものです。

曲のラストはネネさんからのリクエストで夜空と流れ星を入れました。
これは何故かすぐ表現出来たかな。何故だろう。。
星の瞬きなんかはちょっと派手になるかなぁと思いつつ、
良い感じにしっとりと仕上がりました。



言うまでもなくガラスヤの曲には言葉に力があります。
その分、今回は言葉をいかに魅せるかという事に意識して、
編集しました。

ガラスヤは只今新しいアルバムを製作中です。
また新しい情報が入り次第HPを更新します。
詳しくはガラスヤHPにて。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。